松島 トラベルガイド

松島は、宮城県の塩竈市、東松島市を含むエリア。

このエリアは松島湾と呼ばれる太平洋に面する沿岸部に位置し、海に浮かぶ島々が特徴的な松島湾の景色は、日本三景の一つにも数えられている。

この松島の絶景を見るのにおすすめなのが、西行戻しの松公園である。春には約260本の桜が咲き、桜と松島湾の絶景が重なる。松島の島々をもっと近くで見たいという人は松島島巡り観光船に乗ってみよう。船上ではかもめにえさをあげることもできる。乗り場の近くには五大堂や観瀾亭・松島博物館などの観光スポットもあるので、散策してみよう。また、松島を対岸から望む、大高森という穴場の絶景ポイントもある。

松島には歴史的な建造物も多い。中でも瑞巌寺には、江戸時代(1603-1868)の武将である伊達政宗が朝鮮から持ち帰った臥龍梅という梅の木がある。臥龍梅は宮城県の天然記念物に指定されており、毎年4月中旬に見頃を迎える。瑞巌寺の隣には円通院という寺院があり、境内の庭園は四季折々の景色を堪能できる。季節の花であれば、瑞巌寺や円通院の最寄り駅から電車で10分のところにある鹽竈神社の八重桜もおすすめ。塩竈桜と呼ばれ、国の天然記念物に指定されている。

松島へのアクセスは、宮城県の中心都市である仙台から電車で行くのが便利。仙台駅から松島観光の拠点になるJR東北本線の松島駅やJR仙石線の松島海岸駅までは、約25分。



観光情報: 松島

松島 旅行ガイド・メニュー

観光スポット


地図: 松島