山の辺 トラベルガイド

山の辺は奈良県の北部に位置するエリア。エリアには天理市や桜井市が含まれる。

エリアには神社仏閣が多く、高野山真言宗の寺院である長岳寺や、拝殿が国宝に指定されている石上神宮、日本最古の神社の1つに数えられる大神神社などがある。大神神社には、本殿が無く、拝殿から見える三輪山を信仰の対象とする。こういった自然信仰は、縄文時代に始まったものと言われている。そのほかにも、古墳や古寺を見ながら歩ける歴史探索コースとして人気の「山の辺の道」など、古代の信仰を感じられるスポットが豊富だ。

エリア内の移動は電車が便利。電車は近鉄天理線や近鉄大阪線のほか、JR桜井線などが利用可能。各都市から最寄り駅の天理駅までは、大阪駅や京都駅を経由して行こう。それぞれの駅から天理駅までは電車で約1時間。東京から新幹線を利用した場合の所要時間は約4時間。



観光情報: 山の辺

山の辺 旅行ガイド・メニュー

観光スポット


地図: 山の辺