投稿者: Japan Hoppers編集部 ユジン(Yoojin) 15 Jun 2017

Tokyo walking diary 馬喰町~鳥越編

Tokyo walking diary 馬喰町~鳥越編 © Hokutosei

みなさん、こんにちは。編集部のyoojinです。東京はもうすぐ梅雨です。曇りが続くとなんとなく心までどんよりしてしまいますが、雨の日が楽しみになるように、お気に入りの雨の日グッズを揃えて、梅雨シーズンを乗り切りたいですね。

今回のコラムは、歩きながら見つけた街の魅力を紹介するWalking diaryです。スタート地点はJR馬喰町駅。そこから鳥越の商店街などを散策して、秋葉原まで約3kmのコースを歩きました。コースの詳細はこちらのリンクもチェックしてみてください。(map

問屋街の中にある、寝台特急を再現したトレインホステル北斗星

JR馬喰町駅の地下改札から地上出口を出るとすぐ左手に、トレインホステル北斗星というゲストハウスがありました。ここは2016年の12月にオープンしたばかりで、かつて東京の上野駅から北海道の札幌駅まで走っていた寝台特急「北斗星」の内装をそのまま活用したホステルです。ドミトリーにはかつて列車内で実際に使用されていた2段ベッドが並び、ベッドサイドの照明やドアまでもがリユースされていて、列車ファンにはたまらない空間になっています。

浅草、両国、秋葉原を結ぶ、JR浅草橋駅

北斗星をあとにして、ひとまず浅草方面へ歩いてみることに。道沿いには生糸や布などの手芸用品やアクセサリーの部品やビーズ類を販売する問屋が多くありました。いくつかの店舗は小売りもしてたので、手芸グッズを探している方はぜひ歩いてみてください。

さらに10分ほど歩くと、神田川にぶつかって、JR浅草橋駅が見えてきます。浅草橋駅は、川を越えて真っ直ぐ進むと浅草、川を上ると秋葉原、そして川を下ると両国、と、台東区を代表する人気エリアの中間に位置しているので、滞在先として利用しても便利かも。

裏道のアートギャラリー

神田川に停泊する屋形船の乗り場を見ようと裏道に入ったところで、MAKII MASARU FINE ARTSというギャラリーを発見しました。たまたまL.A.のアーティスト、メラマーシュさんの個展が開かれていたので入ってみることに。ギャラリーの1階にある展示スペースには、建築物をモチーフにした大小様々なグラフィック作品が飾られており、中にはボストンマラソンの事件をきっかけに制作したものや、日本の海をテーマにした作品なども。色合いが明るく、上下に吸い込まれていくようなデザインが特徴的でした。

このギャラリーのディレクターで、自身もイラストレーターとして活動する井上さんによると、隣駅の蔵前駅周辺にもギャラリーがたくさんあるそうです。とても興味があったのですが、今回はこの近くに、井上さんがランチの散歩によく行く「おかず横丁」という名の商店街があるとのことなので、そちらを目指すことにしました。

おかずが揃う?下町の商店街

浅草橋の駅から離れて、周囲に電車の気配が無くなった頃、鳥越神社が見えてきました。平日の午後の神社はしんとしていて、緑が陽を遮ってくれるので、涼しく快適です。

神社を通り抜けると、おかず横丁の入り口が見えました。向かっていくと右手に、お祭りで使うはっぴや足袋を売る甲州屋というお店が。話を聞くと、ここは明治時代から続く呉服屋さん。毎年6月は鳥越神社の大きなお祭りがあるため、この時期になるとお祭りで必要なものを並べるそうです。子供から大人まで、様々な商品が並べられていたので、かなり大きなお祭りの予感がします。

ギャラリーで会った井上さんによると、この地域は労働者が多く住んでおり、商店街でおかずを買っておけば、家でご飯を炊くだけで手間なく食事を済ませられるとして繁盛し、「おかず横丁」と呼ばれるようになったそうです。

私が感動したのは、商店街の中にチェーン店がひとつも無かったこと。つまり、日本中のどこを探しても、おかず横丁にあるお店はここにしか存在しないということ!店数は多くはありませんが、八百屋も魚屋も味噌屋も佃煮屋もあって、お店のバラエティは豊富です。

魚屋の前に座っていたおばあちゃんに声をかけると、やはり話題は週末のお祭りに。何度も「ここのお祭りはすごいよ」と繰り返すので、気になって帰りに映像を探したら、確かにすごいお祭りでした。鳥越神社前の大通りが威勢のいいお神輿の担ぎ手たちで埋め尽くされ、浅草の三社祭に負けないほどの熱気が映像から伝わってきます。観光客にもまだあまり知られていないのでは?毎年6月に開催されているので、興味のある人はぜひ調べてみてください!

駅から離れてこそ、街の暮らしが見える

今回歩いた「おかず横丁」のある鳥越は、御徒町駅、上野駅、秋葉原駅、浅草橋駅などが最寄り駅となりますが、どの駅からも1kmほど離れています。位置だけを見ると少し不便に思えますが、地元で愛されている商店街やお祭りなど、人々の暮らしぶりを強く感じられるエリアでした。次回も鳥越のような魅力的な街を紹介するべく、ローカルエリアに潜入していきたいと思います。

また、今回は約3kmの道のりでしたが、休憩ポイントを探すのを忘れてしまったので、次は一息つけそうな場所も探しておきたいと思います。お楽しみに!


Japan Hoppers編集部 ユジン / Yoojin

Japan Hoppers編集部 ユジン / Yoojin

Hi I'm Yoojin. I'll let you know how to enjoy and survive in Japan :P I hope it will be helpful for your travel.
안녕하세요! JH기자의 유진이에요. JH를 많이많이 이용해주세요!!


タグ