投稿者: Japan Hoppers編集部 ユジン(Yoojin) 13 Feb 2017

柴犬に会えるかも?谷中で見つけた、ユニークな和雑貨店「東京キッチュ」

柴犬に会えるかも?谷中で見つけた、ユニークな和雑貨店「東京キッチュ」 © yoojin

みなさん、こんにちは。編集部のyoojinです。最近の東京は、梅の花が見頃を迎えています。まだまだ寒くてダウンジャケットが手放せませんが、確実に春が近付いているようですね。

今回は、台東区の谷中にある和雑貨店「東京キッチュ」に行ってきました。谷中は江戸時代(1603-1868)の都市計画で寺院が数多く集められ、多くの人で賑わう門前町であった歴史のある地域です。最近では、昔ながらの店が並ぶ商店街や夕焼けなどの趣ある風景が人気を集めています。

そんな谷中にある東京キッチュには、可愛い柴犬がいるとのこと。動物好きの私も前々から気になっていました。今回のコラムは、ユニークな東京のお土産を探している方も、柴犬が好きな人も必見です!

日本のお土産として喜んで欲しい、そんな気持ちが集めた商品たち

ここ、東京キッチュ谷中店は、2016年10月にオープンしたばかりの和雑貨店。店長の松村さんによると、もともとは西日暮里駅の近くにある雑貨店と、オンラインショップを展開していたそうなのですが、縁があって谷中にもお店を構えることになったそうです。

東京キッチュの商品は、「海外の人に日本のお土産として喜んでもらえるような、少し変わったデザインのもの」を中心に、松村さん自身が選んでいるそうです。確かに店内には、ひらがなや漢字のピアスや畳のブックカバー、富士山を思わせるお猪口など、和のモチーフを取り入れた珍しい雑貨がたくさん並べられていました。また、店内には古道具のコーナーもありました。

数ある商品の中でも特に海外の人から人気があるという商品が、紙ふうせん。カラフルで色んなデザインがあって、かさばらなくて軽いのも人気の秘密だとか。

私が子供の時に遊んでいたのはカラフルなまりのタイプでしたが、いちごや金魚など色々なデザインがあって、見ているだけで楽しくなりました。この軽い手触りが懐かしかったです。膨らまして遊ぶのはもちろん、インテリアとして繋げて吊るすのもおすすめです。

運が良ければ会えるかも?柴犬のマメ

そして、店長の松村さんと一緒にお店番をするのが、柴犬のマメ。

この日もお店に入ると、すぐに匂いを嗅ぎに寄ってきてくれました。撫でてあげると、気に入ってくれたのか、そのまま私の足元にお座り。とても人懐こくて可愛いんです。

店内をウロウロしたり、お客さんに撫でてもらったり、何かと忙しいマメですが、定位置はレジ横にあるベッド。松村さんがレジの中にいる間は、ちょうど松村さんの足元に当たる場所です。

マメのこの表情を見ても、ここが1番安心できる場所であることがわかります。

なお、マメは毎日出勤しているわけではないので、ご注意を。マメの姿は、東京キッチュのInstagramでも見ることができますよ。

谷中でお気に入りの東京土産を探しにいきませんか?

日本らしいデザインを取り入れたユニークなお土産を探している方も、柴犬が好きな方も、ぜひ東京キッチュに遊びに行ってみてください。きっとお気に入りのお土産が見つかるはず。

帰りがけに、松村さんが「谷中は、個人商店が多いから歩くだけでも楽しいと思いますよ」と言いながら、谷中のおすすめスポットを地図に書き込んでくれました。ここでは紹介しきれなかった、谷中という地域の魅力もいつかのコラムで紹介できればと思います。

次回もお楽しみに。

東京キッチュについて

住所:110-0001 東京都台東区谷中3-18-7
電話:03-5832-9218
オンラインショップ:http://www.tokyokitsch.com/

谷中のおやつ、ひみつ堂のかき氷

松村さんにおすすめされた、ひみつ堂のかき氷。夏の暑い日は行列必至です…!


Japan Hoppers編集部 ユジン / Yoojin

Japan Hoppers編集部 ユジン / Yoojin

Hi I'm Yoojin. I'll let you know how to enjoy and survive in Japan :P I hope it will be helpful for your travel.
안녕하세요! JH기자의 유진이에요. JH를 많이많이 이용해주세요!!


タグ