投稿者: Japan Hoppers編集部 ユジン(Yoojin) 27 Jul 2017

海と暮らす青島の魅力

海と暮らす青島の魅力 © yoojin

長崎県北部の松浦市の、美しく青い海に浮かぶ青島。本島からフェリーで20分の距離にある、人口約220人の小さな離島です。主な産業は漁業ですが、漁業体験のできる教育旅行の受け入れ先としても知られており、海と暮らす島のありのままの生活を楽しむことができます。今回の特集では、そんな青島の魅力をまとめて紹介します。

1.島の遊び場、宝の浜海水浴場

青島の港から徒歩5分の場所にある宝の浜海水浴場は、美しい白砂のビーチ。航空写真(https://goo.gl/maps/aUPi2kg51QK2)で見てもその美しさがわかるほど、透明度の高い海があります。海辺には、シャワー(100円)やお手洗い、バーベキュー施設、キャンプ場(有料)が整備されています。

宝の浜海水浴場は、海の美しさは勿論なのですが、夕陽の見えるスポットとしても人気。島から本島に向かうフェリーの最終便は16時25分発なので、ばっちり夕陽を見たいなら宿泊を兼ねたほうが良さそうです。

2.エメラルドグリーンに輝く、ハーブ鯖の養殖場

青島の谷川水産が養殖するハーブ鯖は、開発から商品化までに10年の歳月が費やされた自慢の鯖。飼料に配合された、シナモン、オレガノ、ジンジャー、ナツメグなどの西洋ハーブが鯖の健康状態を保ち、臭みの少ない鯖が出来上がるそうです。日本では鯖の味噌煮や、お酢と塩で漬けたしめ鯖など、鯖の臭みを消すための調理法がメジャーですが、臭みの無いハーブ鯖は、刺身でも美味しく食べることができるとのこと。

実はハーブ鯖の生産者は、谷川水産を含め全国で4社しかいないそうです。ハーブ鯖は東京の居酒屋を中心に卸しているそうなので、どうしても島でハーブ鯖を味わいたい!という方は、谷川水産に直接問い合わせを。

3.島唯一の民宿、川上荘

川上荘は、港の目の前にある島唯一の民宿です。宿の自慢は、四季折々の青島の食材を使った女将さんの手料理。私が宿泊した日の夕飯は、先ほど紹介したハーブ鯖の刺身や煮付け、塩ゆでしたニナ貝、野菜のフライやグラタンなど、1人では食べきれないほどの豪華さでした。一番驚いたのが、生のうに。こんなにくさみの無い新鮮なうにを食べたのは初めての経験で、ただただ感動。

民宿は2階建てで、2階に部屋と共有の洗面所、お風呂があり、1階には食堂があります。部屋のタイプは畳のある和室で、寝る時には布団を敷いて寝ます。まるで女将さんの家族の一員になった気分で、家に帰ってきたような暖かみのある民宿でした!

4.地元の漁師がレクチャーする海釣り体験

島の新鮮な魚介類を自分の手で釣ってみたいと思いませんか?青島には地元の漁師の手ほどきで、地引き網漁や海釣り体験ができるアクティビティが用意されています。

釣りをしたことがない人でも、釣り方からどんな魚が釣れるのか、触らないほうが良い魚など、地元の漁師さんが丁寧に教えてくれるので、安心して参加できます。所要時間は3時間程で、船で沿岸に出て釣りを楽しみます。料金は中学生以上の大人1名で4,000円、小学生1名で3,200円です。

時期によって釣れる魚は異なりますが、主にアジやカサゴ、アイナメなどが釣れるそうです。希望者は釣った魚を持ち帰ることができるので、民宿で調理してもらうなどして味わいましょう。

青島でできる体験の詳細と予約は、こちらのホームページもチェックしてみてください。

ほんなもん体験 松浦党の里
https://www.honmono-taiken.jp/english/preparations/index.html

グリーンカルチャーリンク
https://www.greencl.co.jp/travel/

5.シンプルで美味しい手作りのかまぼこ

青島土産を選ぶなら、島の女性たちの手作りの青島かまぼこがおすすめ。

プリっとしていて歯ごたえがよく、自然な風味が特徴のスタンダードな白身のかまぼこの材料は、魚のすり身と水と食塩のみ。それだけの少ない材料でこの味が味わえるのは、素材が新鮮で美味しい証拠です。

青島では、わさび醤油で刺身のように食べたり、味噌汁の具として食べたりするのがメジャーな食べ方だそう。購入は港の目の前にあるかまぼこ工場で。日本国内であれば、配送も可能です。

6.島の住民とのコミュニケーション

青島に来たら、島の住民とのコミュニケーションもぜひ楽しんで。今回の取材では島の主要スポットを巡りましたが、島で出会った人全員が「どこから来たの?」と声をかけてくださり、島の人々との交流が途切れることがありませんでした。

島中のウェルカムな雰囲気は島の子供たちにも受け継がれていて、初めて会った私に人見知りをすることもなく島のあちこちを案内してくれました。野良猫の赤ちゃんを素手で捕まえようとしたり、高台にある神社への階段を駆け上がったり、島全体を遊び場にしている姿がとても生き生きとしていて、こちらまで元気になりました。


Japan Hoppers編集部 ユジン / Yoojin

Japan Hoppers編集部 ユジン / Yoojin

Hi I'm Yoojin. I'll let you know how to enjoy and survive in Japan :P I hope it will be helpful for your travel.
안녕하세요! JH기자의 유진이에요. JH를 많이많이 이용해주세요!!


タグ