投稿者: Japan Hoppers編集部 ユジン(Yoojin) 01 May 2017

東京の庶民的な生活に触れられる、砂町銀座に行こう

東京の庶民的な生活に触れられる、砂町銀座に行こう © yoojin

皆さんこんにちは、編集部のYoojinです。東京は桜も散り終わって、新緑の季節になりました。私の家のベランダにある蝋梅にもたくさんの新しい芽が出て、気持ちの良い春を感じています。ただこの時期は雑草にとっても気持ちの良い季節なので、手入れをしないとすぐ伸びてしまうのが困り事でもあります。

さて今回のコラムでは、東京の庶民的生活に触れられる砂町銀座商店街を紹介します。

砂町銀座商店街とは?

砂町銀座商店街は、東京都の東に位置する江東区にある商店街です。銀座と言えば、歌舞伎座などで知られる中央区の街の名前として知られていますが、砂町銀座という名前が付いたのにはこんなエピソードがあるそうです。

昭和7年(1932)、商店会の催しに、議員の宇田川敬輔氏が登壇しました。その際に、当時柳並木で人気のあった「銀座通り」にふれ、銀座通りのような賑わいのある商店街になるようにと繁栄を願うスピーチをしたそうです。これがきっかけとなり、商店街の名前に「銀座」が使われるようになったんだとか。当時の銀座がいかに賑わっていたかがわかりますよね。

砂町銀座商店街までのアクセス

砂町銀座商店街は最寄り駅まで徒歩20分と、電車でのアクセスが不便な場所にあります。あまり歩きたくない方はバスを利用するのがおすすめです。

私はJRの錦糸町駅の駅前からバスに乗りました。駅の改札を出ると写真のようなバス乗り場が幾つか見えてくるので、7番のバスが停まる乗り場を探しましょう。この「7番」は、乗り場の番号ではなく、バスの路線の番号なので間違えないように。バスのフロントやサイドにある番号を見てくださいね。

もし見つからなければ、停留しているバスの運転手さんに聞いてみましょう。砂町銀座商店街の最寄りバス停は「北砂二丁目」なので、日本語で尋ねるのが不安な方は、メモに北砂二丁目(Kitasuna nichome)と書いて見せてもいいかもしれません。

バス車内では、前方にあるモニターで次の停留所を確認することができます。日本語の下に英語の表記もあるので、わかりやすいと思います。北砂二丁目の表示が出たら、バス車内のボタンを押しましょう。このボタンは降りる人がいるという合図なので、押されると次のバス停で停車します。

路線バスの利用は旅行者にはハードルが高いと思っていたのですが、英語の案内もあるので、そこまでハードルは高くなさそうです。料金は前払いなので、事前に小銭を用意しておくと便利です。

北砂二丁目でバスを下りたら、そのままバスの進行方向に向かって歩きましょう。お惣菜のいい匂いとともに、左手に商店街の入り口が見えてきます。

砂町銀座商店街に並ぶお店

私が訪れたのがちょうどお昼前の時間帯だったこともあり、魚屋、八百屋、肉屋、お惣菜屋のどのお店にも人だかりができていました。お惣菜は、天ぷら、焼き鳥、コロッケ、漬物など、豊富な種類が目に入ります。しかも驚きなのが、その値段。天ぷらも焼き鳥もほぼ100円以下で買えるものばかりで、1本60円の焼き鳥や、1つ80円の天ぷらも。

東京で育った私にとって小さい頃から慣れ親しんだ味だったので、東京の庶民的な味を楽しみたい方は、ぜひ商店街グルメを食べてみてください。

花十◯十(はなとまと)というフルーツトマト専門店も発見。ラッキーなことに、この日は入荷したてのトマトがお店に並んでいました。アイコという名前のトマトは甘くて実がしっかりしていて、まるで葡萄を食べているみたいでした。商店街はスーパーよりも個人経営の専門店が圧倒的に多いため、それぞれの店舗の個性溢れる品揃えが楽しめるのもポイントです。

商店街には、食品だけじゃなく靴や服飾、布団などの専門店も。この飯塚商店は食器や掃除グッズをはじめとする生活雑貨全般を取り扱っており、日本の家庭で使われてきたロングセラー商品をたくさん見つけることができます。約50年前から売れ筋商品だという食器用スポンジは、パッケージデザインも当時のままだそう。飯塚商店は、白地に漢字4文字の歴史を感じる看板が目印です。

毎月0の付く日は「バカ値市」

さらに、毎月10日、20日、30日には「バカ値市」というイベントが開催され、加盟店が特売品を並べます。元値が充分安いので、割引率よりも何を特売品になっているかに注目しながら商店街を歩くのが楽しかったです。ちなみに飯塚商店では家庭用のゴミ袋が割引になっていました。

ガイド付きのグルメツアーも

砂町銀座をもっと知りたいという方は、ガイドツアーに参加するのもおすすめです。株式会社ノットワールドが主催するTokyo FooDrink Tourでは、砂町銀座のグルメを楽しむツアーを英語、中国語、フランス語で実施しているそうです。商店街の人との触れ合いや、日本の庶民的なグルメを楽しみながら学べるので、興味のある方はぜひリンクをチェックしてみてくださいね!

https://japanwondertravel.com/products/tokyo-foodrink-tour-local-delicatessen-street-sunamachi


Japan Hoppers編集部 ユジン / Yoojin

Japan Hoppers編集部 ユジン / Yoojin

Hi I'm Yoojin. I'll let you know how to enjoy and survive in Japan :P I hope it will be helpful for your travel.
안녕하세요! JH기자의 유진이에요. JH를 많이많이 이용해주세요!!


タグ