投稿者: ジャパンホッパーズ編集部(Japan Hoppers Editors) 17 Aug 2015 PR記事

皆大好き!庶民の味「たこ焼き」を食べて日本を感じよう

皆大好き!庶民の味「たこ焼き」を食べて日本を感じよう © AIDUYA

会津屋本店

外はカリカリ、中は熱々でトロトロ。たこ焼きは大阪で発祥した粉もの料理のひとつ。小麦粉、卵、たこなど、材料が手に入りやすく比較的お手軽価格で食べられることから、子どもから大人まで幅広い世代に愛されている。人気店では、お昼時やおやつの時間には店の前に長蛇の列が出来る事もあるほどで、日本ではポピュラーな食べ物といえる。

小麦粉で作った生地にたこを入れて特別な鉄板でボール状に丸く焼き上げ、ソース、マヨネーズ、鰹節に青のりなど、様々なトッピングをしているのが一般的だが、たこ焼きの元祖と言われる会津屋のたこ焼きはちょっと違う。

たこ焼きの発祥や魅力について、また他とは違う会津屋のたこ焼きについて、会津屋の曾木氏に話を伺った。

まず、「たこ焼き」についてどんな食べ物なのか簡単にご説明頂けますか?

弊社、会津屋がたこやきの元祖と言われています。屋号の「会津屋」というのは初代の遠藤留吉が福島県の会津坂下町出身というところから来ているんですが、そこから大阪に出て来て、知り合いに誘われて当時流行っていたラジオ焼きの屋台を始めたのが最初なんです。ラジオ焼きというのは牛肉とか豆とか、そういうものを小麦粉で作った生地に入れて丸く焼いた食べ物です。大人がお酒のおつまみに食べていました。大阪の文化で「勿体ない文化」というのがありまして、捨てるようなものがあれば使おうという。そこで当時は捨ててしまっていた牛すじや、安く買う事が出来た豆やこんにゃくを入れたんですね。ラジオ焼きという名前は、当時ラジオ放送が始まったばかりだったので、そういうハイカラものにあやかって付けたという説とか、ラジオのボリュームノブに形が似ているからという説もあるようです。

aiduya_takoyaki

会津屋のたこ焼きといえば、ソースやマヨネーズなどがかかっていないところが大きな特徴だと思いますが、ラジオ焼きも何もかけずに食べていたのでしょうか?

その当時、ソースはそんなに普及していなかったので、ラジオ焼きもソースは塗ってないですね。ラジオ焼きは焼きたては良いのですが、冷めるとどうしても油が固まるので美味しくなかった。それで、初代がいろいろと考えた末に、会津の郷土料理の「こづゆ」という鍋料理の味を生地に付けて、たこを入れだした頃から今のたこ焼きのかたちになりました。最初"ラジオ焼きのたこ入り"として売り出していたんですけど、そのうちその"たこ"だけが名前として呼ばれるようになり、「たこ焼き頂戴」っていう風になったのがたこ焼きの始まりですね。

aiduya_takoyaki

今では日本中、沢山のお店がたこ焼きを販売していて、ソースやマヨネーズをかけて提供しているのが一般的ですが、何もかけないという所にこだわりがあるのでしょうか。

そうですね、ほとんどの店がソースをかけていますね。会津屋としては先代の時代から守ってきた、たこ焼きとは本来たこのうま味を生地に閉じ込めて楽しむんだという想いを大切にしていきたいと思っています。でも、一番大切なことはお客様の満足であるとも思っているので、そのまま食べてたこ焼き本来の味わいを楽しんでいただきたいのはもちろんのことですが、お好みで色々試していただくべく、酢醤油やソース、一味唐辛子なども店舗の方には用意しているんですよ。海外で展開する場合も一応想定していて、その時には中身をたこと入れ替えたり、トッピングなどはするかもしれませんが、日本で提供するものに関しては今の会津屋の味を守っていきたいと思っています。

海外での展開も想定されているんですね。

そうですね、年に2、3回海外の日系百貨店などで開催されるイベントでたこ焼きを焼いたり、プロモーションを行ったりしています。冷凍たこ焼きの販売や出店を検討していて、できるだけ会津屋そのままの味が受け入れられやすい国でと思っています。今までタイ、マレーシア、マカオ、シンガポールと行きましたが、その中ではかなり好評を博したタイが一番味付けは近いのかなと感じています。もともとタイの人はたこを食べないと聞いていたんですけど、すしブーム、日本食のブームのおかげでたこを食べる方がだいぶ増えているみたいですね。

日本の店舗にも海外からのお客様はよくいらっしゃいますか?

海外からのお客様は良く来られます。例えば韓国のお客様は昔からよくいらっしゃいますね。もともとチヂミとか粉ものが受け入れられやすい地域なので。ここ最近では台湾とか香港とかタイの方が多くなっているのではないかなと思います。

ちなみに、私が海外に行った際に「ガイドブックで紹介されているたこ焼き屋に行ったけど美味しくなかった」と現地の方に聞きました。美味しい、美味しくないというのはお客様の主観ですが、特にアジア圏のマヨネーズは甘く、日本のものとは違うので、日本のマヨネーズが好きじゃない方がいらっしゃるようで、それも期待と違うと思われる要因なのかなと。ソースやマヨネーズを塗った調味料の味だけのたこ焼きがたこ焼きではなく、本来は書いて字の通り、たこ焼きはたこを楽しむものであるということを、会津屋のたこ焼きを食べて実感していただけたら嬉しいですね。

では最後に、海外からのお客様へのメッセージをお聞かせください。

やはり、会津屋がたこ焼きの元祖だという事をお伝えしたいです。生地の食感なども楽しんで頂きたいので、まずは会津屋の、素のたこ焼きを味わって頂きたいなと思いますね。会津屋は日本国内で大阪を中心に9店舗展開しています(2015年8月現在)。日本にいらっしゃった際にはぜひ元祖たこ焼きを体験しにお立ち寄りください!



皆大好き!庶民の味「たこ焼き」を食べて日本を感じよう: イメージギャラリー


皆大好き!庶民の味「たこ焼き」を食べて日本を感じよう: 動画ギャラリー

会津屋 たこ焼き実演


会津屋 / AIDUYA

会津屋 / AIDUYA

たこやきの元祖と言われている会津屋。日本国内で大阪を中心に、たこやき専門店を9店舗展開している。ソースやマヨネーズがトッピングされていない、他にはないたこやきを提供している。「たこ焼きとは本来たこのうま味を生地に閉じ込めて楽しむものだ」という想いを大切に、たこやき誕生当時そのままの味を守り続けている。


タグ