宮島 トラベルガイド

宮島は広島県廿日市市に属する島。島の面積は約30.2平方キロメートルで、2,000人弱の人口を擁する。

宮島の一番の見所は嚴島神社だ。現在のような豪華な社殿が造られたのは、12世紀ごろと言われており、当時この地方で権力を持っていた平清盛によって建てられた。潮が満ちた時には、境内が海に浮かんでいるような美しい姿を見ることができる。

隣接している嚴島神社宝物館には平家やその当時の権力者たちが嚴島神社に奉納した約4,500点もの貴重な美術品・工芸品が保存されている。その一部は一般にも公開されており、何百年も前の貴重な資料は一見の価値がある。

フェリー港などがある場所から嚴島神社の方面に向かう途中には表参道がある。この通りの左右には、飲食店やお土産屋、旅館などがひたすら続く。特に目につくのが、しゃもじ。日本でご飯をお茶碗につぐときに使われるしゃもじが、土産物店のトレードマークのように多くの店舗で販売されている。これには宮島がしゃもじの発祥地という所以がある。

自然豊かな宮島には、嚴島神社以外の魅力もたくさんある。フェリー降り場を嚴島神社とは反対の方向へ行くとキャンプやバーベキューや海水浴が楽しめる包ヶ浦自然公園がある。夏は花火大会も開催されているので、それに合わせて行くのもおすすめ。

島の中心には標高535mの弥山があり、頂上までのロープウェイも運行している。弥山のふもとにある紅葉谷公園は、紅葉が美しいポイントとして人気がある。

本州から宮島まではフェリーでアクセスする。JR宮島口駅から歩いて5分ほどの所にあるフェリー乗り場から乗船しよう。宮島松大汽船とJR西日本宮島フェリーの2つの会社が運行しているが、値段はどちらも片道180円、往復360円と変わらない。そのほか、瀬戸内シーラインが運行する広島港からのフェリーや、原爆ドームから歩いて5分のもとやす桟橋と宮島を繋ぐフェリーもある。



観光情報: 宮島

宮島 旅行ガイド・メニュー

観光スポット


地図: 宮島