起雲閣

起雲閣 © Iry

起雲閣とは 

起雲閣は熱海市にある建築物。1919年にある実業家の別荘として建てられ、その後他の実業家の手に渡り整備された。その後旅館として使われた時期もあり、著名な作家などが利用したと言われている。その後熱海市が管理するようになった。和風の建築物と洋風の建築物が建ち並び、どちらも豪華な造りになっている。

敷地内には美しい庭園があり、季節の花々を鑑賞することもできる。また、旅館時代の趣を残したカフェも併設している。入場料は大人が510円、中高生が 300円。

アクセス 

JR「熱海駅」から徒歩20分。熱海駅からバスを利用する場合は、湯~遊~(ゆ~ゆ~)バスに乗車し「起雲閣西口」停留所で下車し徒歩2分。 




イメージギャラリー: 起雲閣


概要: 起雲閣

観光スポット 起雲閣 (Kiun-kaku)
お勧め度  
住所 静岡県熱海市昭和町4-2
4-2, Atami-shi, Showa-cho, Shizuoka-ken
電話・fax Phone: 0557-86-3101
Webサイト
所要時間 40分
営業時間 月曜日:09:00-17:00 (最終入場: 16:30)
火曜日:09:00-17:00 (最終入場: 16:30)
木曜日:09:00-17:00 (最終入場: 16:30)
金曜日:09:00-17:00 (最終入場: 16:30)
土曜日:09:00-17:00 (最終入場: 16:30)
日曜日:09:00-17:00 (最終入場: 16:30)
定休日 水曜日 NEW YEAR'S HOLIDAY
入場料 有料: 510円
お勧めの季節
春(3-5月)
夏(6-8月) 秋(9-11月) 冬(12-2月)
お勧めの対象 家族 恋人 団体 乳幼児(0-6歳) 子供(7-17歳) 大人(20歳以上) 1人


地図: 起雲閣