下田港内めぐり(黒船サスケハナ)

下田港内めぐり(黒船サスケハナ) © Iry

下田港内めぐり(黒船サスケハナ)とは

江戸幕府末期(1853–1868)に、函館港と共に日本で最初に開港した歴史を持つ街「下田」の港を観光できる遊覧船ツアー。「サスケハナ」と呼ばれる黒い船に乗って、下田港を約20分かけて周遊する。「サスケハナ」とは、アメリカ合衆国の軍艦船の名前で、江戸末期に幕府に開国を要求したマシュー・ペリーが搭乗していた船のこと。このクルーズは、その軍艦船をモチーフにした船で運航される。その見た目の色から、日本ではその当時から一般的にペリーの軍艦のことを「黒船」と呼んでいた。クルーズでは、海岸沿いの街並や寝姿山など、ペリー艦隊が停泊していた南伊豆の風景を楽しむことができる。

運航は基本的に毎日で、運航時刻は9:10、9:40、10:10、10:40、11:05、11:30、12:30、13:20、14:05、14:50、15:30、16:00。16:00の便は臨時便のみの運航。定員は240名。なお、2階の展望室には特別料金500円が必要。

アクセス

伊豆急行「下田駅」より徒歩15分。車の場合、東名高速「沼津IC」から約90分、「厚木IC」から約3時間。




イメージギャラリー: 下田港内めぐり(黒船サスケハナ)


概要: 下田港内めぐり(黒船サスケハナ)

観光スポット 下田港内めぐり(黒船サスケハナ) (Shimoda Harbor Boat Tour, Black Ship SASQUEHANNA)
お勧め度  
住所 静岡県下田市外ヶ岡19
19, Sotogaoka, Shimoda-shi, Shizuoka
電話・fax Phone: 0558-22-1151
Webサイト
所要時間 20分
入場料 有料: 1,200円
お勧めの季節
春(3-5月)
夏(6-8月) 秋(9-11月)
お勧めの対象 家族 恋人 団体 乳幼児(0-6歳) 子供(7-17歳) 大人(20歳以上) 1人


地図: 下田港内めぐり(黒船サスケハナ)