合気道

合気道

合気道

合気道とは

合気道は、植芝盛平が創始した日本の武道である。日本の柔術や剣術等を学び、研究して創られた。

体術を主としている。まだ若い武道であり、大正から昭和にかけてできたもので、100年程度の歴史しかない。

合気道は身体の大きさによる強さでなく、小よく大を制し、そして相手を攻撃せず制することができる。多くの武道は相手を攻撃するが、合気道は相手を攻撃せず、また相手に攻撃もさせず、相手の攻撃を無力化することで自分は被害者にならず、相手を加害者にもしない。

つまり、戦うための武道ではなく、護身術としての武道である。よって、技も投技と固め技が基本であり、自分から仕掛けずに相手の動きに応じる。

合気道は格闘技ではないため、試合や競技を行わない。そもそも、相手を攻撃することが目的にない以上、わざわざ攻撃する機会として試合を行う必要がない。競技化されず、毎日稽古を積み重ねるというのは、他の武術との大きな違いである。

また、合気道は体格はもちろん筋力も必要としないため、老若男女を問わず稽古でき、試合も行わず怪我をしにくいことなどから健康法としての人気もある。身体に無理をさせることもなく、心身を鍛えることができる。 

創始者の植芝盛平 身長は160cmもなかったという



合気道: 動画ギャラリー

力に頼っていない事がわかる