玉子焼き

玉子焼きとは

玉子焼きは溶いた鶏卵に出汁や調味料を入れ、玉子焼き器などの調理器具を使って焼きながら筒状に巻いた日本料理。厚焼き玉子とも呼ばれ、寿司のネタからお弁当の惣菜まで幅広く食される和食を代表する一品である。近年では「Japanese Omelette」など呼ばれるように海外でも人気が高い。味付けは地域によって特徴があり、出汁とともに砂糖を使って甘く仕上げる関東風と、砂糖を使わずに出汁と薄口醤油などで仕上げる関西風に大別することができる。なお、出汁の旨味が効いた関西風のものは出汁巻き玉子と呼び、玉子焼きとは別の料理として認識されている。また、玉子焼きや出汁巻きと形が似ているものに伊達巻という料理があるが、これは卵と出汁に白身魚などのすり身を加えたものを焼いたもので、日本の正月に食べるおせち料理に欠かせない料理。

玉子焼きは江戸時代には寿司のネタとして食べられるようになったと言われており、現在でもほとんどの寿司屋で提供されている。よって寿司屋や料亭など飲食店が食材を仕入れに訪れる市場の周辺には玉子焼きの専門店があることが多い。東京の築地市場には多くの玉子焼き専門店が軒を連ねており、出来たてを食べることができる店もあるなど築地の名物となっている。京都の錦市場には出汁巻き玉子の専門店があるので、東京と京都を訪れる予定の方には是非玉子焼きと出汁巻き玉子の違いを堪能してもらいたい。

玉子焼きは居酒屋の定番メニューでもあり、ほとんどの居酒屋で食べることができる。アレンジメニューを提供する居酒屋も多く、明太子やほうれん草、海苔、チーズなど様々な組み合わせの玉子焼きを楽しむことができる。

自宅で玉子焼きを作りたいという方は玉子焼き器を手に入れよう。玉子焼き器は、その名の通り玉子焼きを作るための専用の料理器具で、四角い形が特徴だ。調理器具を扱っている大型のスーパーなどで購入することができる。東京にある業務用の調理器具などを扱う店舗が集まるかっぱ橋道具街に行き、本格的なものを探してみるのもいいだろう。使い方は、熱した玉子焼き器に油をしいて溶いた卵を入れ、ひっくり返しながら筒状に成形していく。コツを掴むまではきれいな形の玉子焼きを作るのは難しいので、諦めずに何度もトライしてみよう。