ほうじ茶

ほうじ茶とは

ほうじ茶は番茶(緑茶のうち低級品のもの)を焙じたお茶で、焙煎することにより茶色い茶葉になる。焙じることで、渋みや苦みが軽減されるので、ほんのりした香ばしさとすっきりとした口当たりが特徴だ。胃にやさしいことからほうじ茶は食事の際に飲むことが多く、居酒屋などでお茶を頼むとほうじ茶が出されることが多い。また、ほうじ茶の発祥の地とされる京都の懐石料理では食事中にほうじ茶が供されることが多い。なお、煎茶(緑茶)と比べて渋みや苦みは少ないがカフェインは同等に含まれているので、カフェインを控えている人は飲みすぎに注意しよう。

ほうじ茶の淹れ方は煎茶(緑茶)と同様で、急須ややかんなどに茶葉を入れ熱湯を注ぎ抽出する。紅茶などのようにティーバッグに入ったほうじ茶もあり、簡単に淹れることができる。

抹茶や煎茶(緑茶)と比べて認知度は低いかもしれないが、歴とした日本茶の一種なのでぜひ飲んでほしい。コンビニや自動販売機ではペットボトル入りのほうじ茶を買うことができるので、暑い夏は冷たいほうじ茶、寒い冬は温かいほうじ茶を手軽に飲むことができる。同じく茶色い色をした麦茶と間違わないように気を付けよう。また最近は、ほうじ茶ラテなどの飲み物や、ケーキやチョコレート、アイスクリームなどのスイーツに使われたりと、新しいほうじ茶の楽しみ方が増えてきている。多くの大手コーヒーチェーン店でほうじ茶関連のメニューが提供されているので、日本に訪れる際には試してみよう。

ほうじ茶の茶葉は日本茶の専門店だけでなく、スーパーなどでも購入することができる。ティーバッグのほうじ茶はお土産としてもおすすめ。