明太子

明太子とは

明太子はスケトウダラの卵巣を唐辛子で漬けた食べ物で、辛子明太子とも言う。明太子は朝鮮半島から伝わったとされており、福岡県博多市や山口県下関市などで盛んに生産されてきた。特に博多市では様々な種類の明太子が生み出され、「博多明太子」と言われるなど明太子は博多名物となっている。福岡県には数多くの明太子メーカーがあり、それぞれ味わいに個性があるので好みの明太子を探してみよう。

明太子はそのまま白いご飯と一緒に食べるのが一般的だが、おにぎりやお茶漬けの具材として使われることも多い。明太子のおにぎりはコンビニの定番商品となっている。また、辛子明太子をほぐしてバターやマヨネーズなどとともにスパゲッティに和えた明太子スパゲッティは和風パスタの代表とも言える料理だ。他にも、明太子とイカを和えたイカ明太や軽くあぶった焼き明太などは居酒屋などでお酒のつまみとして人気がある。東京のローカルフードであるもんじゃ焼きの具材としても使われることも多い。

最近はチューブ入りの明太子が発売され、家庭でも手軽に使えることから人気が出てきている。色々の風味が加えられたチューブ入り明太子があり、ごはんに乗せて食べるだけでなく、バゲットやクラッカーに乗せるなど多様な食べ方が生まれている。

明太子について詳しく知りたい方には工場見学がおすすめ。福岡市に本社がある明太子メーカーのかねふくが運営する「めんたいパーク( https://mentai-park.com/)」では無料で製造工場を見学することができる。日本国内に4か所(大阪府、兵庫県、愛知県、茨城県)あるので旅の目的地の一つに加えてみてはどうだろうか。