漬物

日本の漬物

漬物とは塩、醤油、味噌、酢、糠、酒粕などの副材料を用いて食品を発酵させたり、味をなじませたもの。漬物は世界各地にあるが、地域により材料や気候風土の差異から、その土地特有のものが生まれている。日本は野菜など植物性のものが主で、基本的にはご飯と共に食べる。

漬物の種類

漬物には様々な種類がある。ここでは食材、製法により分類し、紹介する。

たくあん

大根を干して塩や糠で漬けたもの。黄色いのが特徴。ポリポリとした歯応えがある。外国人はやや臭気を感じることが多いという。

梅干し

梅の実を干して塩で漬けたもの。しょっぱさと酸っぱさが特徴。甘めにマイルドにしたものもある。

らっきょう・福神漬け

らっきょうの酢漬けと、大根や茄子等の様々な具材を刻んで漬けた福神漬けは、日本ではカレーを食べる際には欠かせないものとなっている。

浅漬け

調味液に短時間漬け込んだ漬物の総称。あっさりした味わい。きゅうりや茄子、大根、蕪等で作る。「お新香」とも言う。

醤油漬け

醤油で漬け込んだ漬物の総称。大根やきゅうり等で作る。

味噌漬け

味噌で漬け込んだ漬物の総称。大根やきゅうり、茄子等で作る。

糠漬け

穀物を精白した際に出る部位である糠を、乳酸発酵させて作った「糠床」のなかに食材を漬け込んで作る漬物の総称。独特の酸味と旨味が特徴。きゅうり、茄子、大根、蕪、にんじん等で作る。

郷土の漬物

気候風土に合わせ日本各地には様々な野菜が栽培され、それらを用いたその土地特有の漬物が多くある。代表的なものには秋田県の「いぶりがっこ」、長野県の「野沢菜漬け」、東京都の「べったら漬け」、京都府の「千枚漬け」、奈良県の「奈良漬け」、福岡県の「高菜漬け」等がある。

漬物を食べる・買う

漬物は基本的にご飯と共に食べる。和食のコースではメインディッシュが出た後に、ご飯と汁物と一緒に供される。お弁当等ではご飯の横に添えられていることが多い。また酒のつまみや、甘い食べ物の口直しとしても食べられる。

漬物は専門店はもちろん、スーパーマーケットやコンビニでも購入できる。漬物は汁に漬かった状態で袋詰めされているものが多いので、お土産として購入し飛行機に乗って持ち帰る際には注意が必要だ。