焼酎

日本の焼酎

焼酎とは蒸留酒の一種。芋、麦、米、栗、蕎麦、黒糖などを原料として用いる。それぞれの原料によって様々な味わい、香りを楽しめる。焼酎は13~14世紀頃には中国大陸や東南アジアで製造され、その後日本にも製造方法が伝わった。原料や製造方法から日本酒よりも安価に流通したことから、大衆酒として広く飲用されてきた。九州地方での醸造が盛んで、大手企業から家族経営の蔵まで多くの醸造所がある。

様々な地域の焼酎

焼酎は地域によって一定の原料を用いた焼酎造りが行われることが多い。以下に代表的な焼酎である芋焼酎、麦焼酎、米焼酎の産地と特徴を紹介しよう。

芋焼酎:主な産地は鹿児島県。豊かな香りとコクのある味わいが特徴。
麦焼酎:主な産地は大分県。軽やかな風味と飲みやすさが特徴。
米焼酎:主な産地は熊本県。円やかで繊細な味と香りが特徴。

これらの地域を訪れる機会があれば是非そこで飲んでみたり、お土産として購入してみよう。

焼酎を飲む

焼酎は食事と合わせて飲むことが多いので、アルコールを提供する多くの飲食店で飲むことが出来る。飲み方はストレート、ロック、水割り、お湯割りなど。炭酸飲料やジュースで割ったものは「チューハイ」と呼ぶ。

焼酎を買う

日本では様々な形態の店舗で焼酎を購入することが出来る。コンビニやスーパーマーケットでは種類が少ないが安価なものが揃い、街中の酒専門店ではより多くの種類が揃う。デパートでは高級な銘柄の焼酎を取り揃えている店舗が多い。