日本の冬の味覚

様々な鍋料理

冬の味覚といえば様々な食材を用いた鍋料理だろう。冬に旬を迎える河豚や鱈、鮟鱇、牡蠣等を用いた鍋料理は豪勢で味も抜群。旨味が融けだした出汁でご飯を煮た「雑炊」や「おじや」もまた絶品だ。

肉を醤油ベースのタレで煮た「すき焼き」や、薄切りにした肉を茹でポン酢や胡麻のソースに付けて食べる「しゃぶしゃぶ」も冬に食べたい鍋料理だろう。力士がよく作って食べる「ちゃんこ」も定番の鍋料理。肉、野菜、魚と様々な具材をたっぷり入れて煮込んだ「ちゃんこ」は栄養価も満点だ。

居酒屋等でよく食べられるおでんも外せない。練り物や蒟蒻、大根や卵などを煮た料理で、好きな具材を選んで食べる。コンビニでも売られている冬の味だ。

蟹と鰤

海で冬に穫れる美味しい食材といえば蟹だろう。毛蟹やタラバ蟹は北海道でよく穫れる。ズワイ蟹は北陸地方や山陰地方の沿岸等で穫れる蟹で、松葉蟹や越前蟹など、穫れる地域によって様々な名が付けられる。シンプルに茹でたり焼いたりした蟹は最高の贅沢だ。なかに詰まった「蟹味噌」もまた絶品。お湯にくぐらせて「しゃぶしゃぶ」にしたり、鍋や味噌汁の具等にしてもまた美味しい。

魚でこの時期美味とされるは鰤だ。何よりも刺身が抜群で、脂の乗ったその身は口のなかでとろけるよう。さっとお湯にくぐらせて「しゃぶしゃぶ」にしても絶品だ。大根と共に煮付けた「鰤大根」も定番の料理だ。冬に富山県氷見市で穫れる鰤は「氷見の寒ブリ」と呼ばれ、その味の良さで有名だ。

みかんと干し柿

冬の果物といえばみかん。産地としては和歌山県や愛媛県が有名だ。また柿を干したドライフルーツである「干し柿」もこの時期の味覚と言えるだろう。