諸外国料理

諸外国料理

ラム肉料理

現在、日本では世界100ヶ国ほどの諸外国料理が食べられる。

中華料理、韓国料理、インド料理、タイ料理、フランス料理、イタリア料理など、いまや世界一諸外国料理の種類が豊富に揃う美食の国である。

また、料理の種類が豊富なだけでなく各料理のレベルはかなり高いと言える。

例えば中国料理店についても、いくつかの日本の中国料理店は本場中国や香港に勝るとも劣らないレベルであると言われている。

レストランガイドのミシュランにおいても、パリよりも多くの星を東京が獲得しているのがいい例だろう。

料理の種類から見ても、諸外国から入ってきたものが日本人の好みにアレンジされ、現在では日本の国民食となっているものが多数ある。

普段日本人が何気なく食べているカレーライスやナポリタンなどは、もともと諸外国で誕生して日本で独自に発展した料理の代表格だ。

一般的にタイ料理の辛さは日本では抑えられているし、中華料理店では料理に醤油や味醂が使われていることも少なくない。

ナポリタンのようにイタリアのスパゲティが積極的に曲解あるいは日本化されることで、新しい食文化が創造される例もある。

つまり、日本での諸外国料理は日本的に解釈された料理と言っても過言ではない。

厳選された食材と技法へのこだわりや完璧さを徹底した追求が、これらの料理の土台になっているのだろう。

今後も、明治・大正時代に登場した西洋料理が当時の一般庶民に浸透していったように、諸外国の料理を休むことなく吸収し続け日本的にアレンジし、ニーズに適した料理として成長と発展を繰り返していくことだろう。