粉物(お好み焼き・たこ焼き)

粉物(お好み焼き・たこ焼き)

お好み焼き

粉物は、小麦粉を主材とするお好み焼きやたこ焼きを指す料理。

小麦粉を使用した鉄板焼きの一種であり、日本の代表的な庶民料理のひとつである。

お好み焼きは、水に溶いた小麦粉を生地として、野菜、肉、魚介類などを具材とし鉄板の上で焼き上げ、ソース、マヨネーズ、青のりなどの調味料をつけて食す料理で、大阪風お好み焼きと広島風お好み焼きが有名。

また、関西のお好み焼き屋や定食屋には米飯を添えるお好み焼き定食を出す店舗が存在する。

お好み焼きの起源は安土桃山時代に千利休が作らせていた「麩の焼き」であると言われている。関東大震災の際には主食的位置を占めていたとされ、色々なお野菜を入れて、焼いてすぐ食べられる簡単で手軽なもの、ということもありこの頃の主食的位置づけになった。

生地はさっくり&ふんわりの口当たりで、細かくみじん切りにしたキャベツと肉、魚介類などの具材が生地に交ざり、具材の旨味が全体に染みわたるのがお好み焼きの特徴。

たこ焼きは、小麦粉の生地の中に蛸を入れて球形に焼き上げた、大阪発祥とされる料理。ラジオ焼きを改良し、従来のこんにゃくの代わりに醤油味の牛肉を入れて肉焼きとして販売されたのがはじまりと言われている。

その後、タコと鶏卵を入れる明石焼きに影響を受け、牛肉ではなく蛸・鶏卵を入れるようになり、たこ焼きと名付けられた。焼きたてを口に放り込むと、表面はカリっと香ばしく中はふんわり柔らかい。しかも、蒸し焼き状態になった蛸は旨味も食感も損なわれないのが特徴。

お好み焼き・たこ焼き共に、庶民の親しまれる日常の食べ物で、祭りなどの露店や屋台の定番料理となっている。

たこ焼き

お好み焼き