牛丼

牛丼

牛丼

牛丼は、牛肉と玉葱等を甘いたれで煮込んで暖かいご飯の上にかけた丼で、好みによって生卵をかけたり紅しょうがを添えたりして食べる料理。

幕末から明治の頃、文明開化の象徴だった牛鍋を丼飯にかけた料理が原型で、当時は牛めしと言われていた。

1899年に創業した吉野家の牛丼も同類の内容であり、当時は牛鍋ぶっかけと呼ばれ、主な客であった日本橋の魚河岸の人々に親しまれていた。

尚、牛丼の名称は、吉野家を創業した松田栄吉が名付けたとされている。

吉野家の具材は明治から大正時代は牛鍋と同様の時期が続いたが、客側の「特に牛肉とご飯を一緒に楽しみたい」という要望が高まり、それを追求・進化していった結果、現在に通じる「牛肉とご飯を一緒に楽しむ」ことに特化した料理へ変化していった。

そして、1973年から吉野家がファーストフードのひとつとしてフランチャイズチェーン展開をしたことで一般に親しまれるようになった。

その後誕生した「松屋」や「なか卯」、「すき家」なども人気を博している。

また、牛丼の特徴として客の好みによった様々な注文方法があるという点があげられる。

具材の汁を多めに盛りつけた状態のことを指す「つゆだく」や具材の玉葱を多めに盛り付けた「ねぎだく」など自分の好みで食べることができる。

丼の温もりを手に唇に楽しみながら牛肉の旨さをストレートに味わえる牛丼は今も昔も庶民の味方の料理といえよう。

牛丼