すき焼き

すき焼き

すき焼き

すき焼きは、牛肉に豆腐、ねぎ、その他の野菜などを取り合わせ、甘辛いタレで煮て食べる鍋料理。

家庭で食される人気の鍋料理のひとつで、家庭に幸せが訪れたときや給料が入ったときなどに食べられる、ちょっと豪華な食事といったイメージがある料理ともいえる。

鍋の代わりに農具の鋤を火の上にかけ、その上で魚や豆腐を焼いたのが始まりといわれ、そこから"すき焼き"という名がついたとも言われている。 

当時のすき焼きは今でいう鉄板焼きのようなもので、現在の関西風すき焼きにその名残をとどめている。

その後幕末から明治にかけて肉食が一般化するようになり、文明開化の象徴だった牛鍋から発展し庶民の食べ物として普及していった。 調理法においては、関西地方と関東地方で若干異なる事が特徴。

関東風は、みりん・醤油・酒・砂糖などを調合して作った甘さ控えめの割下を使って肉と野菜を同時に煮る調理法で、関西風は肉を焼き、砂糖と醤油で好みの味に調えその後野菜を入れていく調理法。

割下を使わず、煮詰まったら酒や水をさして味を調整する点が関東風とは異なる。

尚、溶き卵をつけて食べる事は東西共通しているが、もともと溶き卵につけて食べるのは関西の風習で、熱々の具を食べるときに、火傷しないように食べるための工夫だった。

今では、寿司や天ぷらと並び代表的な日本料理として世界中に知られている。

関西風の調理方法ですき焼きをつくる様子